FDAがCinqairを承認

The U.S. Food and Drug Administrationは本日、重度の喘息を呈する18歳以上の患者を対象に、喘息治療薬との併用薬としてCinqair (reslizumab)を承認した。既存の薬剤の投与を受けているにもかかわらず、重い喘息発作を呈したことのある患者に対して、Cinqairが使用される。

 

 

Centers for Disease Control and Preventionの報告によれば、2013年の時点で、米国では2200万人以上が喘息を抱えており、毎年400,000人以上が喘息により入院している

 

 

これにより、現在の治療法では十分に抑えられない疾患が生じた場合に、医療従事者やその患者はCinqair投与という新たな選択を行うことができる。

 

Cinqairはアナフィラキシーの管理に適応した医療現場において、医療従事者が4週に1回の頻度で静注により投与する。Cinqairは血中の好酸球数blood eosinophilsを減らすことで重度の喘息発作を緩和する。好酸球は喘息の発生に寄与する白血球a type of white blood cell that contributes to the development of asthma。

 

Cinqairの安全性と有効性は、既存の治療法を受けているにもかかわらず重度の喘息を呈している患者を対象とした4件の二重盲検無作為化プラセボ対照臨床試験により確認された。 Cinqairとプラセボが4週毎に投与された。プラセボと比較すると、Cinqair 投与を受けた重度の喘息患者では喘息発生頻度が低下し、最初の発作までの期間が長期化した。

 

Cinqairはアレルギー反応などの深刻な副作用をもたらすことがある。これらの反応は致命的なものになり得る。Cinqair の臨床試験で確認された最も一般的な副作用はアナフィラキシーや癌、筋肉痛などであった。

 

Cinqairはペンシルベニア州FrazerのTeva Pharmaceuticals社によってつくられた。