樹状細胞療法

 

 がん抗原特異的免疫療法のひとつで、「樹状細胞療法」と呼ばれる方法もある。がん細胞をやっつけるキラーTリンパ球が体内で増えるためには、「これががん抗原だ」と情報を出してくれる抗原提示細胞が必要だ。

 

 その抗原提示細胞のひとつに「樹状細胞」と呼ばれるものがある。この細胞は体のあらゆるところに存在するが、数は少ない。がん抗原だけを提示するわけではなく、体内に侵入してくる他の抗原、たとえば風邪ウイルスなども処理する忙しい細胞である。

 

 そこで、患者から採血して、この樹状細胞を分離。がん抗原の情報を強くキラーTリンパ球に与えるように「教育」し直しかものを培養し、それを体内に戻してやるのが樹状細胞療法だ。こうして、がん抗原を提示する細胞が増えれば、キラーTリンパ球も体内で増殖して、がん細胞をせっせと攻撃するようになる。

 

 前出の高上医長も、前立腺がんを対象に樹状細胞療法の臨床試験を始めている。実用化は二、三年先というが、

 

 「この療法を標準的治療の補助療法として早い段階の治療に組み込んでいければ、再発・転移を相当に防げるかもしれません」

 

 免疫療法では、もうひとつ、「抗体療法」も注目されている。抗体は、リンパ球のB細胞から分泌される一種のミサイルだ。通常、がん細胞に対する抗体は体内では少ししかつくられないが、人工的にたくさんつくれるようになった。悪性リンパ腫や乳がんでは抗体療法の効果が認められ、米国では、すでに標準的治療となっているそうだ。

 

 河上教授は、がん治療の将来について、こう話す。

 

 「究極的にはオーダーメード治療が期待されます。同じ部位のがんでも、AさんとBさんでは、がん細胞の遺伝子異常や免疫力などに違いがあります。そういう差が遺伝子診断でわかるようになれば、Aさんにはこの抗がん剤、Bさんにはこの免疫療法というように、個々に合った治療法が選べます。たとえ有効率がI〇%の治療法でも、そのI〇%の効く人に適用すれば、有効率は一〇〇%になるわけです」