エイズの免疫療法

 

 エイズとは、HIVウイルス、いわゆるエイズウイルスに感染して体内のT細胞が冒され、免疫不全となるために、カリニ肺炎やカポジ肉腫、カンジダ症などにかかって、体が蝕まれて死んでいく病気である。

 

 エイズウイルスは、感染すると、異物を認識・識別する役目のヘルパーT細胞を真っ先に攻撃するのが他のウイルスと違う点である。そしてそのヘルパーT細胞をエイズウイルスの生産工場に作り替えてしまう。エイズウイルスはどんどん増殖する。しかし、それを迎え撃つT細胞のほうは調和が破壊され、やがてごうほう体を形成してかたまって死んでいく。このために免疫不全が起こるのだ。

 

 多くの研究者たちは、このエイズウイルスを殺す物質を探し出すことを考えて、抗ウイルスの活性物質やワクチン開発に乗り出し、いま激しい開発競争を展開している。

 

 これに対して内田教授は、免疫という観点から、彼らとはまったく違った発想をした。ウイルスにではなく、T細胞のほうに目をつけたのだ。T細胞がかたまって死滅するのなら、そのかたまるのを阻止してやれば免疫不全が起こらなくなるのではないか、と考えたのである。

 

 最近、彼は、その「ごうほう体形成阻止物質」を発見した。人間の体の中にある細胞が作り出す物質で、「ECI」と名づけているが、まだ詳しいことは発表できないそうだ。

 

 実際に、エイズウイルスに感染した人間のリンパ球にこのECIを入れて培養すると、T細胞は全然減らないことが実験的に証明されている。もちろん、この物質は正常細胞も障害しない。

 

 まだ試験管レベルの実験段階だが、もしこれが実際の患者でも起こるとすれば、患者はエイズウイルスには感染しても発病はしないですむことになる。エイズ新薬もワクチンの開発も世界的に行き詰まっている現在、これは、エイズ患者にとってなによりの福音といえよう。

 

 内田教授の研究室では、目下、この物質を作る細胞株から遺伝子を抽出する研究に拍車をかけているところである。

 

 それにしても内田教授は、なぜ、ガンにしろエイズにしろ、独創的な研究でいい成果を上げられるのだろうか。彼はちょっぴり胸を張ってみせた。

 

 「最終的な目標が何かをはっきり定めて研究するからでしょう。一言でいえば、ぼくは人間の生命に目標をおいているんです。個人が助かるように考えるわけです。だからガンなら、ガンで死ななければガンと共存してもいいと考える。エイズなら、ウイルスに感染しても、免疫不全を起こさないようにすればいいと考えるんです。これに対していまの研究のアプローチは、ガン細胞の撲滅だけに目標をおいています。ガンをなくすいちばんの早道は、ガンが宿っている個体を殺すこと―これはもちろん冗談ですが、実際のガン治療ではこれと同じことが行われているのです。ガン細胞ばかりに目を奪われて、殺された患者さんの例は枚挙にいとまがないでしょう」

 

 ともすると研究のための研究、自分のための研究に陥りがちな、現在の医学研究のあり方を深く考えさせられる話である。何を目標にすべきなのか。医師も学者もわれわれももう一度ゆっくりと沈思黙考してみる必要がありそうだ。