四季の変化の影響を受ける気象病、季節病

 

 四季の変化がどのような体調変化を生み出すかを説明しましょう。低温と高気圧の冬は私たちの体調を交感神経緊張の体調にします。交感神経は血流を抑制し顆粒球を増やします。このため冷え症や組織破壊の病気が出やすくなります。心筋梗塞脳卒中、痔、歯槽膿漏などの病気が増加します。また、リンパ球が減少するので風邪をひきやすくなります。

 

 春は交感神経緊張から副交感神経優位に移行する時期です。顆粒球増多からリンパ球増多に移行し、アレルギー疾患の頻度が増します。これが、外に増加する花粉と反応して花粉症となります。

 

 梅雨の時期は気圧のゆさぶりが大きいので、自律神経失調症やリウマチなどの人は症状が悪化しがちです。台風は低気圧の極限でリンパ球増多をまねくので、気管支喘息アトピー性皮膚炎の症状悪化が誘発されることが多くなります。

 

 高温と低気圧の夏は、ゆったりとした副交感神経優位の体調にします。ゆったりの極限は疲れやすいことともつながるので、運動不足や肥満のある人は疲れてしまいます。冷房はこれらの症状を改善してくれますが、冷やしすぎると冷えや組織障害の病気になることもあります。とくに、女性は冷房で冷えすぎて血流が抑制され、月経困難症、子宮内膜症子宮筋腫卵巣嚢腫などになる頻度が増します。いずれも女性のストレス病です。

 

 秋は副交感神経優位から交感神経緊張に移る時期です。顆粒球が増加して粘膜障害の病気になることがあります。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、痔などです。

 

 冬の日本海側気候は鉛色の空か続くので、うつ病の悪化や自殺者が増加する傾向があります。逆に、冬の太平洋側気候は高気圧の極限なので、興奮して破綻する病気になりやすいと思われます。先に述べた組織障害の病気群です。

 

 また、土地の高低差や気温の寒暖は、寿命の長短を決める大きなファクターとなっています。標高の高い長野県、温暖な沖縄県が戦前も戦後も変わらず長寿県であるのは、低気圧↓副交感神経優位↓リンパ球増多の体調、となるからです。

 

安保徹の病気を治せる医学』より